小学生クラス

  • HOME »
  • 小学生クラス

指導システム対象と学科

■対象:

  • 小学1〜6年生

■学科:

  • 算数(計算・文章題・図形)
  • 国語(漢字・文章理解・記述)
  • 作文(言語力、組み立て力、表現力)

■指導システム:

  • 教科書準拠のテキストを使った学年毎の授業内容に適した授業です
    児童の現在の学年の教科書テキストに準拠した問題集を使い、小学校よりも少し先を進む進捗を目指します。また、国語であれば漢字、算数であれば計算問題や覚えるべき公式等を定着させます。
  • フランチャイズではないからこそ出来る、児童の能力に寄り添った教材の活用
    メインの教材は、国語、算数共に教科書準拠の小学生ワークです。ただ、それだけでは中々定着までには至らない生徒もおります。分かるから定着に導くためには絶対に足りていない演習量を高める事がとても大切です。一時的に理解することは容易いですが、定着をしていないと翌週には忘れてしまいます。 定着=演習量高める 事を強く意識し、授業の中でも演習量を高めるためにWEBプリント(全教科で18万ページ、100万題のデータ)を使って演習量を増やします。また、漢字は別途漢字ドリルを用意し予習・復習を行います。算数は弱い点を強化するためのドリル(図形、文章問題、計算問題等)を集中的に用います。
    児童の能力や性格は10人十色です。各児童の能力や性格に寄り添いながら弱点の強化に取り組んでおります。

■こんなお子様に最適です

  • 計算が遅い。
  • 文章題や図形問題が苦手。
  • 文章が長くなると途端に読めなくなる。
  • 勉強しなさいと言わないと机に向かわない。
  • 学校の授業についていけない。
  • 学校での授業より先取りの勉強がしたい。

■自立学習の基礎を身につけることが大切

塾は単に答えを導き出す場所であってはいけないと感じます。仮に答えだけを導き出すテクニックを備えたとしてその場は乗り切れても、自学自習する能力には結びつかない可能性があります。
我々『学習塾まなび』が考える本来あるべき塾の姿は、「自立学習できる生徒を育てる」ことにあると感じております。そこで『学習塾まなび』では、テキストを使って各自の能力にあったレベルからスタートし、間違った箇所はその場で講師が指導をします。指導ポイントは単純に答えを教えるのではなく
①なぜ間違ったのか
②解くためのポイントは
といった自分の間違いや弱点を理解し進める方法をとります。

 

 

授業カリキュラム

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午後3:00

午後6:30
国語 国語 国語 国語
作文
作文
作文
作文
算数 算数
算数
算数
  • 月曜・火曜・木曜・金曜が開講日です。日曜・祝日・お盆休み・お正月はお休みですが、毎月の休校日は入塾後にご案内します。
  • 開講時間は、午後3時~午後6時30分ですが、入室時間は入会時にご相談の上で、各自個別に決めさせて頂きます。
  • 水曜日は、英語スクール及び振替(お休み分を振替実施)にあてております。

 

授業の進め方

■『算数』 授業の進め方

メインテキスト: 【NEW小学生ワーク】

 

 

 

 

 

 

 

小学生ワークは、小学校の教科書に準拠したテキストです。また、振り返りをするためのプリントや、確認テストもセットになっており、分かったから定着したを導き出すための総合的な問題集です。1単元1ページの細分化された構成と豊富な演習量で基礎の定着が図れます。

1.復習・振返り

  1. 宿題の確認
    宿題の丸付けをし、解法の理解を確認します。
  2. 確認テスト
    授業の内容の確認テストを定期的に行います。
    できなかった内容によっては立ち止まって再度テキストの問題の振り返りをします。

2.授業

  1. 授業の導入
    問題の解き方を例題をもとに解法を確認していき、授業で行う内容を理解します。
  2. 問題演習
    導入をもとに問題を解いていき、つまづいている部分はフォローしていきます。
  3. 丸付け・解説
    講師が丸付けをします。できなかったところのポイントは解説の際に講師が復習ノートに書いていき、家でもしっかり復習できるようにします。 ※一回の授業で2〜4サイクル行います。

3.宿題・定着

  • 宿題
    授業でやった内容の振り返りとして宿題を出します。
    1.類題のプリント
    (小学校教科書準拠教材・受験用応用問題から抜粋)
    2.計算問題
    3.間違えた問題の復習ノートづくり
    (宅習)

 

 

■『国語』 授業の進め方

メインテキスト: 【NEW小学生ワーク】

 

 

 

 

 

 

 

小学生ワークは、小学校の教科書に準拠したテキストです。また、振り返りをするためのプリントや、確認テストもセットになっており、分かったから定着したを導き出すための総合的な問題集です。新出漢字・言葉のきまりを学習後、読解問題に進む構成で教科書内容をもれなく学習することができます。

1.復習・振返り

  1. 宿題の確認
    宿題の丸付けをし、間違ったところを見直します。
  2. 確認テスト・漢字テスト
    授業の内容の確認テストや漢字テストを定期的に行います。できなかった内容によっては立ち止まって振り返りをします。

2.授業

  1. 問題演習
    問題を解いていき、つまづいている部分はフォローしていきます。
  2. 丸付け・解説
    講師が丸付けをします。できなかったところのポイントや間違った漢字などを解説の際に講師が復習ノートに書いていき、家でもしっかり復習できるようにします。※一回の授業で2〜4サイクル行います。

3.宿題・定着

  • 宿題
    1.小学校教科書準拠・受験用応用問題のプリント
    2.漢字の問題
    3.間違えた問題の復習ノートづくり

 



■『作文』 授業の進め方

メインテキスト: 【はなまる作文添削講座】

課題と専用原稿用紙をセットしており各巻22課題までの添削実施が可能です。200字〜300字の作文課題です。
Point1:学年対応のテキストです
Point2:五感で感じる、書くことが好きになる!を目的にした各学年全22回の新感覚課題
Point3:指導者用マニュアルを全学年、全課題にご用意
Point4:よいところをほめる添削指導と評価

サブテキスト: 【各種作文トレーニングプリント】
           【漢字・語彙力アッププリント】

1.復習・振返り

  1. 宿題の確認
    宿題の丸付け・添削をし、見直しを行います。
  2. 確認テスト・漢字テスト
    授業の内容の確認テストや漢字テストを定期的に行います。
    できなかった内容によっては立ち止まって再度テキストの問題の振り返りをします。

2.授業

  1. 授業の導入
    ウォーミングアップシートを作ります。作成後、修正ポイントや文章を書くコツなどを一緒に確認します。
  2. 問題演習
    導入をで作ったウォーミングアップシートを基に、トレーニングシートで実際に作文を書いていきます。
  3. 添削・解説
    講師が添削をします。改善ポイントや表現の広がり等を講師が解説しながら指導します。抑えるべきポイントは復習ノートにまとめます。

3.宿題・定着

宿題
授業でやった内容の振り返りとして宿題を出します。
1.類題のプリント
2.漢字の問題
3.作文作成

 

 

 

 

TEL 080-4318-4567

年別アーカイブ

祝吉学習塾まなび 携帯番号:080-4318-4567
PAGETOP
Copyright © 祝吉学習塾まなび All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.